2017年4月9日
お知らせ, 産地のこと

エルサルバドル最終日はいつもお世話になっているクツカチャパ組合でのカッピング。

フェルナンドさんが所有する農園をメインにたくさんのコーヒー豆をカッピングしました。

 

毎年買い付けをさせてもらっているエル・ミラドールや、お兄さんのエルネストさんのエル・タンボールはもちろん今年も良い出来で安心したのに加え、サンプルのコーヒーの中にも素晴らしい品質のものがあったので詳細を尋ねてみたところ、今年フェルナンドさんがCOE(国際品評会)に出品するために作ったロットのコーヒーだということがわかりました。

もともと少ししか収穫できていなかったそうですが、品評会に出品した余りが少しだけあるとのことで、フェルナンドさんのご好意でこのコーヒーも今回購入させていただくこととなりました。

フェルナンドさんのエル・ミラドールは、カリオモンズコーヒーでは毎年深煎りで販売することが定番となっていますので、フェルナンドさんのプロデュースした浅煎りのコーヒーを今年初めてお客様にご紹介することができそうです。

もしかしたら来年以降も継続的に購入できる可能性もありますので、今後の発展がとても楽しみなコーヒーです。

 

カッピングで点数をつけた後は、この組合のクオリティコントロールを担当しているマウリシオさんにも加わっていただき、彼の評価と私の評価を照らし合わせてお互いの感想を共有しあいました。

評価や点数にはほぼ違いはありませんが、数点だけ相違がある部分が見つかり、自分のカッピングの癖や修正すべき点などをあぶり出すことができ、とても有意義な時間を過ごすことができました。

サンプルの中に思わぬ発見やおいしいコーヒーとの出会いがあったり、国も文化も違う人たちとカッピングについての共有を行ったり、こういった部分に現地でカッピングを行う重要性を強く感じます。

 

今回のエルサルバドル滞在中はフェルナンドさんと奥様のマグダレナさんがずっとアテンドしてくださり、家族の話はもちろん、お互いのビジネスの将来のビジョンだったり、お互いの国の経済的な話だったり、深い部分の話までをすることができました。

前回のブログにも書いたように、単なるコーヒーを売り買いする相手を超えた関係であり続けることがダイレクトトレードにおいて最も重要であることを改めて強く感じた今回の訪問となりました。

 

今はすでに帰路についており、このブログも飛行機の中で書いています。

ウェブサイトに掲載されることにはもう日本に着いていることでしょう。

今回の中米出張もまたレポートを作成して皆様にお渡しする予定ですので、そちらの完成も楽しみにお待ちいただけたらと思います。

2017年4月3日
産地のこと

「日本で写真撮るときはこうでしょ!」と言われて思わずピースのイトウです。

 

今回のエルサルバドルではコーヒーの仕事ももちろんなのですが、フェルナンドさん夫婦のご好意でエルサルバドルという国について学ぶ機会に恵まれました。

歴史博物館に行ったり教会を訪問したりマヤの遺跡を散策したり。

この国にコーヒーがいつやってきてどのように広がり人々の生活に影響を与えていったのか、マヤ文明の頃から人々の中に流れ続ける思想、祈りに救いを求める信仰の深さ、たくさんのことを体験し学ぶことができました。

 

お互いの文化や背景についての知識を深めることが、コーヒーを売り買いする関係性からさらに深い関係性を築くことを実感した今回の訪問。ニカラグア同様に実りの多い旅になっています。

 

もちろんコーヒーの仕事もしていますのでそちらはまた後ほどアップします。

2017年3月28日
産地のこと

ニカラグア最終日となった今日は、ルイスさんと一緒にロ・プロメティードへ。

山あり谷ありの悪路をひたすら走っていくエリアですが、それでもこの農園のロケーションを味わうと毎年でも行きたくなります。

農園を散策しながら品種についての説明、問題点、これからのビジョンなどを説明していただきました。

標高が高いと良いコーヒーが採れる。間違いではないのですが、それ故の問題も生じます。

このロ・プロメティードも例外ではなく、コーヒーの木にとっては少し寒すぎる環境の中でいかにコーヒーを栽培していくか、一部のエリアでさまざまな品種のコーヒーの木を植えて試験を行っていました。

一般的にコーヒーの木が育ち収穫が可能になるまでおよそ4年、ここでは寒さの影響で成長が遅いことからさらに2年近くがかかります。ひとつの検証結果が得られるまでに6年、気の遠くなるような作業ですがそれらをしっかりと行っているルイスさん、品質への情熱と将来へのビジョンが感じられました。

 

農園から戻ったあとは今年購入予定のコーヒー豆のカッピング。

ロ・プロメティードはもちろん、ラ・エスペランサやサン・ホセ、ラ・ベンディシオンも並びました。

数は多いですがひとつひとつが今後のカリオモンズコーヒーの商品となりお客様の手に渡る可能性のあるコーヒー豆。集中力を切らさないよう強く意識しながらのカッピングとなりました。

セッションが終わってからも同じコーヒー豆をお湯の硬度を変えて再度カッピング。

水の硬度やpHのコントロールについては日本のコーヒー界でもよく議論されますが、やはり産地でもこの点について非常に興味をもっているようで、カリオモンズコーヒーでも今後取り組みたい課題のひとつでもあります。

 

終わってからは、私がお土産に持ってきていた東彼杵の緑茶を並べて真面目にテイスティング。もちろん2つの硬度の水を使いました。

パパイヤ、松の木、ペパーミントなど、さすがカッピングをしなれている人たちならではの感想がたくさん聞けました。

そんなこんなであっという間に終わった今年のニカラグア滞在、明日からはエルサルバドルに移動します。

 

2017年3月27日
産地のこと

 

二日目は朝からエル・ポルベニールのセルヒオさんとカッピング。

新しい取り組みの説明を受けながら、私たちが購入予定のコーヒーや、スペシャルティコーヒーとして商社へ販売するコーヒー、100時間の発酵過程を経たナチュラル処理のコーヒーなど、さまざまなコーヒーをカッピングさせていただきました。

カッピングの後はそれぞれのコーヒーについての評価や感想を話し、共通する部分、違う部分の発見と自分の評価基準の改善を行いました。

 

常に新しい取り組みを行っているセルヒオさんのところでは毎回なにかしらのユニークなサンプルが出てくるのでいつも新鮮な体験をさせてもらえます。それだけ新たな可能性を探り実践しつづけているからなのですが、この姿勢は普段私たちが焙煎を行うにおいてもとても重要な姿勢とも言えます。

現状に常に疑問を持ち続けることが次のステージへの扉を開くことは明らかで、その連続から今よりもっと良いものがうまれていつしかスタンダードになる。その頃にはまた次のステージの扉が開いている。焙煎に限ったことではありませんが物事を追求するということは一生答えの出ない問題を解き続けるような感覚です。

 

その後はドライバーとして毎年お世話になっていたネクシーさんとエル・ポルベニール農園へ。

農園の管理を行っているガルシアさんの案内のもと、農園を隅々まで歩きました。久しぶりに膝が笑いました。

自然に極力負担をかけないエコロジカルな農園運営を行うセルヒオさん。たくさんの生き物がいるエル・ポルベニール農園では休憩のために立ち止まろうものなら一斉に蟻が足を登ってきます。

そんななか太陽を受けて青々と育つコーヒーの木は、まるでエネルギーの塊のようなそんな印象を受けました。

すでに収穫は終わっていたため静かな雰囲気でしたが、これから一本一本の木を観察しながら剪定などの作業を行っていくそうです。

 

COE(国際品評会)の仕事が忙しい中、時間を割いてくれたセルヒオさんにはとても感謝しています。

私たちにできる恩返しはただひとつ、といったところでしょうか。

 

 

 

2017.04.12【追記】

おかげさまで定員に達しました。たくさんのご応募ありがとうございます。

 

4月20日(木)14:00より、長崎市にあるルークプラザホテル様でコーヒーとスイーツのフードペアリングセミナーを開催させていただくこととなりました。

 

(↓以下、ルークプラザホテル様instagramより引用↓)

≪スペシャルコラボイベントのご案内♪≫

「LUKE PLAZA HOTEL」×「KARIOMONS COFFEE ROASTER」

コラボレーションコーヒーセミナーを4月20日(木)に開催!予約開始!

 

「カリオモンズコーヒーのスタッフの方に淹れて頂くこだわりのコーヒー」×「そのコーヒーのためだけに作った当ホテルパティシエ特製スイーツ」が楽しめる!

カリオモンズコーヒーの方とコーヒーとスイーツの相性や美味しい入れ方・楽しみ方を気軽にお話ししながら、自分にぴったりな組み合わせを試したり、探したりできるフードペアリングセミナー

さらに、セミナー後は世界新三大夜景に選ばれた稲佐山からの絶景を眺めながら、自分にぴったりのコーヒーとスイーツをゆっくり堪能♪

 

【18名限定でご参加いただけます!】

開催日:2017年4月20日(木)

開催時間:14:00~(90分)

参加費:2,500円

定員になり次第〆切

 

*応募&詳細はサイトへ*

http://www.lukeplaza.co.jp/news/001/

公式HPのNEWSからもご確認いただけます!

(↑引用ここまで↑)

 

美味しいスイーツと単一農園の個性的なコーヒーとの組み合わせ、みなさまのお越しをお待ちしています。

詳細や参加申し込みはルークプラザホテル様のHPにてご確認くださいませ。

 

1 2 3 4 13