2016年9月24日
イトログ

『作り手と使い手と』

 

2016年9月18日のこと。

エルサルバドルからフェルナンドさん夫婦が長崎にやってきた。

僕が中米のコーヒー農園訪問を始めた2011年から毎年通い、そして毎年コーヒー豆を購入させてもらっているエル・ミラドール農園の農園主。

エルサルバドル滞在中には必ず自宅へ招待してくれ、たくさんの食事とともに奥様とおもてなしをしてくれる。

そんな彼が、この長崎の、それも街外れにあるカリオモンズコーヒーを訪ねてくれた。

 

『コーヒー農家をお店に招待する』というのは産地訪問を始めた時からのひとつの目標で、その目標が先日ついに実現されたのだ。

たった1日、それもわずかに数時間の訪問だったが、僕にとってはとても大きな出来ごとだった。

 

実は数年前にも別の農家さんを招待できるチャンスが訪れたことがあった。結局そのときは《渡航許可》がおりずに実現できなかった。

一緒に買い付けをしている仲間が、様々な機関にかけあい手段を模索してくれたのだが、渡航目的や財政状況などから実現ができなかったのだ。

僕らが産地に行く以上にコーヒー農家さんが日本へ来るということが困難であることを、そのとき実感した。

 

その経験があっただけに、今回のフェルナンドさんの来店は、言わば産地訪問を行ったこの6年間のひとつの集大成であり、お店の歴史としても記録的な1日になった。

 

心配していた台風も幸運にもほとんど影響なく、予定より少し遅れて長崎に着いたフェルナンドさん夫婦を連れて、雨に濡れた長崎らしい中島川沿いを散策することもできた。

 

お店に案内すると、手作りのウェルカムボードやクラッカーとともにスタッフが出迎え、在店中もたくさんのエル・ミラドールファンのお客様が来店してくれた。

お客様にとっても普段自分が飲んでいるコーヒー豆の作り手に会うという経験はそうそう味わうことのできない体験だったと思う。通訳を通じてたくさんの質問がフェルナンドさん夫婦に向けられ、そのひとつひとつにフェルナンドさんたちは丁寧に答えてくれた。

 

時差の影響も抜けない時期だったこともあり、彼らには早めにホテルへの帰路についていただいた。

長旅で疲れているだろうに、電車が出発するその瞬間まで明るく振舞ってくれ、最後まで「長崎へ呼んでくれてありがとう」と繰り返し言ってくれた。

いつもはエルサルバドルで迎えられる立場だったので、こうやって長崎で彼らを迎えられたことが少しでも恩返しになっただろうか。

 

コーヒーには物語がある。

 

カップに注がれた一杯のコーヒーからだけでは窺い知れることのないその物語を、作り手から直接聞き、そして作り手も自分たちの仕事の先にいる使い手たちの声を聞くことができる。

たった数時間のこの空間が、僕がやりたかったことだ。

作る人がいて、買う人がいる。そういった当たり前のことが僕はやりたかった。

 

流通の関係上なかなか理想通りにはいかないこともあるし、僕自身の不器用さで下手やることもあるが、この気持ちだけはこの先も失わず、常に美味しさとその先の豊かさを目指したいと、改めて決意できた素晴らしい1日となった。

 

2016年6月23日
イトログ

『不採用です』

 

僕と妻、二人で始めたこのお店も、年々スタッフが加わり、今では6人で運営するお店になった。

これまで何度かスタッフを募集したけれど、ありがたいことにその度にたくさんの応募があり、その全員を面接させてもらっている。

コーヒーが好きなことはもちろん、みんながそれぞれに魅力的な部分をたくさん持っていて、その中から採用を決めるこのスタッフ募集の時期こそが、僕が一番精神を削る時期かもしれない。

職を辞める覚悟で応募してくれた人や、県外から移住を決めて応募してくれた人、お店で飲んだコーヒーがきっかけでコーヒーにハマり働きたいと望んでくれた人など、それぞれに大きな覚悟と決断を持って面接にきてくれた人ばかりだ。

 

僕は人事をやるにあたって、決めていることがふたつある。

 

ひとつめは、応募者全員を面接すること。

 

どんなに応募が多かろうと、条件に合ってなかろうと、応募してくれた人全員を直接面接している。

その人がどのような性格でどんな声で話し、どういった魅力を持っているのかなんて、履歴書の紙切れや小さな写真じゃこれっぽっちもわからない。

全員と会うからこそ採用するときに身を削るのだけれど、直接話をすることはお店にとっても僕自身にとっても、とても重要なことだと経験上感じている。

 

そしてふたつめが、その全員に返事をすること。

 

僕がまだこのお店をやっていなかったころ。

働きたいと思って応募した会社から返事がないことが度々あった。

その度に気持ちだけが先走って焦り、悶々とした日々を過ごすことがあった。

応募する人もそれぞれに覚悟を持って行動している。それであれば、面接する僕らも対等な覚悟を持って人事に望むべきだ。

一方的な力関係を押し付けられた経験があったからこそ、僕は面接をした全員に電話して返事をすることにしている。

 

たとえそれが『不採用』だったとしても。

 

電話の向こうで落胆し、歯を食いしばる音が聞こえる度に僕も同じくらいに心が痛むのだけれど、一瞬でも人生を委ねられた以上、きちんとした形で返事をすることが会社側の義務ではなかろうか。応募者と会社との間に力関係はそもそも寸分たりとも存在していないのだから。

 

小さな会社の経営者として、僕はこれからもたくさんの人に会っていく。

そのひとつひとつに僕は育てられ、ステップアップするきっかけを与えられているのだ。

ほんの一瞬、人生が交わったその人たちこそ、僕の中での存在感は大きい。

 

2016年3月29日
イトログ

『起点』

 

今、僕は中米ニカラグアにいる。

毎年恒例のコーヒー豆の買い付けが目的なのはもちろんなのだけれど、今回はいつもとは少し違った気持ちでこの地に来ている。

 

6年前から僕はこのニカラグアとエルサルバドルという2ヵ国を訪問し、農家さんたちからの直接買い付けを開始した。

でも、もちろん全くつながりがない無謀な状態で始めたわけではなく、僕をコーヒー産地に連れて行ってくれ、一緒に農園を周り、それぞれ買いたいコーヒー豆を一緒に輸入してくれる仲間がいた。

この仲間がいなかったら僕はコーヒー産地になんて行けていなかっただろうし、今カリオモンズコーヒーで販売している素晴らしいコーヒー豆を生産している農家さんたちとの出会いもなかっただろう。

全てはこの仲間との出会いから始まった出来事だ。

 

そして、みんなで話し合って、今回の共同買い付けで僕たちはこのグループを解散することを決めた。

 

グループでやっていると自分の力以上の力が出せる。これはとても素晴らしいことだ。

しかし、ずっと続くとそれが自分の力だという勘違いを少なからず起こしてしまう。

今の僕自身がまさしくそれで、当たり前に素晴らしいコーヒー豆が手に入るということを自分の力のように発信してしまっているのではないかという不安に駆らながら、ここ最近を過ごしていた。

とくに輸入に関しての業務はほぼ完全に仲間に頼りっきりで、正直なところ僕は自分が買ったコーヒー豆がなんという船に積まれてどんなルートでやってくるのさえ知らない。

どこにどれだけの経費がかかるのか、どの時期にどういった手続きが必要なのか、それすら今の僕は全てを把握していない。

 

今の僕たちの立ち位置を身を持って知り、その上で改めて自分たちの力に挑戦するということが必要な時期にきていると感じたのだ。

同時に、ダイレクトトレードと謳いながらこれまで農家さんたちを取り巻く環境を本質的に考えていなかったことを戒め、これからはそれを第一に、本当の意味での『美味しさ』を追求したいと思った。

 

幸い農家さんたちも、そんな僕らの意向を前向きに捉えてくれていて、継続して取引ができそうな検討もついている。

欧米の大きなマーケットで戦う同業者たちと比べると、これっぽっちの購入しかできない小さな僕たちを客として認め、取引をしてもらえることに言葉にできないほどの感謝を感じている。

前途多難だし、やらないといけないことは格段に増えるけれど、これからは本当の意味で農家さんたちとのつながりを感じることができると、内心わくわくもしている。

これから本当の『ダイレクトトレード』が始まるのだ。

 

この6年間、カリオモンズコーヒーを、そして僕自身を成長させてくれたグループの仲間にはとても感謝している。

そしてこのつがなりはなくなるわけでなく、これからも形を変えながら続いていくことだろう。

最高の仲間に恵まれたことに感謝しながら、残りの産地訪問を楽しもうと思っている。

2016年3月18日
イトログ

 

『マウリシオのこと』

 

僕が産地に通い始めた6年前から、ずっと仲がいい農家さんがいる。

名前はマウリシオといって、ニカラグアの中でも特に標高の高いモソンテと呼ばれる地域に農園を持っている、比較的若いコーヒー農家だ。

6年前、初めてコーヒー産地に行った僕は農園へ向かう道中の町で彼に会った。

すでに顔なじみの他のメンバーと仲がよさそうに話す彼は、その時着ていた黄色のタンクトップの影響からかどこか陽気で明るい性格に見えたのを今でも良く覚えている。

 

彼の同行でセロ・デル・シエロ農園へ連れて行ってもらい、彼の案内で農園内を周り、標高が高く景色が美しいこの農園でたくさんの写真を撮った。

最初のイメージ通り彼はとても明るい性格で、誰にでも人懐っこくすぐに仲良しになってしまう不思議な魅力があり、僕らが友だちになるのにさほど時間はかからなかった。

彼がたった一人で開拓したセロ・デル・シエロ農園は川を何本も渡って行くような山奥にあって、いくつもの困難を乗り越えながらこの地で地道にコーヒー作りを続けてきた彼はいつも良い顔で笑っていた。

セロ・デル・シエロ農園で採れたコーヒーにもそんな彼の性格が表れていて、明るい活き活きとした純粋な風味がいつも僕たちを虜にした。

 

日本に帰国してからもインターネットを通じて彼とはよく連絡をとっていて、仕事のこと、コーヒーのこと、そしてお互いの家族のことを、時間を見つけては僕らは教えあった。

彼はもちろん、彼の奥さんや娘のメナちゃんとも交流が広がって、毎年僕らが農園を訪問する時にはメナちゃんも一緒についてきたりもしていた。

そのうちに、メナちゃんは「いずれ私がお父さんの農園を継ぐの。だからその時にはあなたの子どもが来るといいわ」と、そんな素晴らしい将来を話してくれたりもした。

 

コーヒー農園は農園主と労働者が違う場合があって、農園主は直接的な作業はあまりせずに農園のマネージメントや他国からのバイヤーとの取引を行っていることが多い。

しかし、マウリシオはいわゆる小農家で、設備も昔ながらの最低限のものを使っていて、農園内で働く労働者と一緒に彼自身もコーヒー生産に直接携わっていた。

重労働が続く農園内の作業は彼にはとても負担が大きかったようで、少し前から腰や背中の調子が悪いと言っていたのを覚えている。

 

 

昨年の買い付けの後、マウリシオが農園を売りに出していると一緒に買い付けをしている仲間から情報が入った。

 

僕はとても信じられずすぐに彼にコンタクトをとった。

彼は「本当は売りたくないが体の調子が思わしくなく農園を継続できない」と悔しそうに教えてくれた。他にも少し理由があるようだった。

その後、いろいろな可能性を彼も模索したようだが、結果的に農園運営のリタイアを免れなかった。

娘のメナちゃんもまだ中学生だし、彼自身がそれで身体を壊したからだろう、農園を継がせる選択はしなかったようだ。

 

お店のお客様には業務的にお知らせはしたものの、僕自身、正直まだ気持ちの整理がついていなくて、彼のコーヒーが飲めなくなってしまうことに未だに実感を得られていない。

農園が他の生産者の手に渡って、その人と新しく取引を始めることも可能かもしれない。

それでも、もう『彼のコーヒー』ではないのだ。

僕が大好きだったセロ・デル・シエロはマウリシオのコーヒーであって、たとえ同じ味だったとしてもそれは僕にとって別のコーヒーなのだ。

 

ただ、彼や彼の家族とはコーヒー農家とバイヤーという関係性を飛び越えて大切な友人として今でも関係が続いている。

来週からのニカラグア訪問でもホテルまで会いに来てくれるそうだ。

 

『美味しい』とは単に味かもしれない。

けれど『美味しさ』とは人の力だと僕は思っている。

 

人とのつながりの重要性を感じさせてくれる直接買い付けの手段に感謝をしながら、今年も彼に会えるのを楽しみにしている。

2016年1月5日
イトログ

P1090723『きっかけ_006』

 

自分が産地で選んで購入したコーヒー豆。

初めてお店の焙煎機に入れるときに、なぜだかとても緊張したのをよく覚えている。

僕の目の前で、あんなにも精力的に仕事をしていた農家さんたちが作ったコーヒー豆は、最終的に僕たち焙煎人に託され、最終的な受け取り人となる消費者の元へと渡っていく。

日常では出会いようもないほどの距離が離れた生産者と消費者が、自分を通してつながることに喜びを感じながらも、その責任の重さを改めて感じていた。

僕に託された、ということは、僕の仕事ひとつで素晴らしくも最悪にも変化させることができ、それがひいては生産者たちの仕事として消費者に評価されていく。

 

責任は重い。けれども、こんなにも自分の仕事にプライドを持つことができることが簡単に見つかるだろうか。

心地よいプレッシャーの中で、僕は自分の仕事に改めてプライドを感じることができた。

 

今はなにもかもが便利になって、産地のことも調べればある程度は簡単にわかってしまう。
(本当はわかったつもりなのかもしれないけれど)

ただ、空と葉との美しいコントラストを湛えたコーヒー農園の風景や、コーヒーの果実が発酵した独特の臭い、そこで働く人たちの息遣い、作り手の性格、見たこともない食べ物、インターネットでは決して得られない『体験』がそこにはある。

もっと言えば、一度限りの訪問では見えなかったことが、毎年新しい体験として自分自身の中に積み上がっていく。

そしてその体験こそが僕たちの原動力であり、良い仕事への意欲となり、最終的にお客様の満足度へと結びついていく。

そのお客様の満足度の高さが、僕らを通じて生産者たちの評価になることがとても嬉しい。

 

今年も3月には恒例の中米訪問が控えている。

毎年変わっていくコーヒーの味と変わらない農家さんたちとの友情を楽しみながら、僕らも生産者の一部を担う存在として、もっと高め合っていかなければならない。

1 2 3 4

月別アーカイブ