2013年9月25日
日々のこと


東京では今日からSCAJ2013が開幕しました。

スペシャルティコーヒーを軸としたコーヒー業界全体のスペシャルイベント。
本日より3日間、日本中のコーヒーラバーズが東京に集結します。

今回、SCAJ初の展示となるシアトル初のエスプレッソマシンメーカー「SLAYER」のブースにて9組の日本のコーヒーロースターとのコラボレーションが実現し、光栄なことにカリオモンズのその中の一つとしてお声かけいただきました。

カリオモンズのコーヒーが抽出されるのは26日の12時?となっております。

ちなみに使用されるコーヒー豆は店頭でも販売している「ファクトリーブレンド」。

今回はラベルデザインと名称だけを変更し「EDGE TOWN ESPRESSO」と名付けました。

ここ長崎は日本の西の端、カリオモンズの店舗がある時津は長崎の町外れです。
こんな端っこのそのまた町外れでも最高のコーヒーが飲めるというメッセージを込めてこの名称とさせていただきました。

26日は僕も一日会場におりますので、素晴らしいマシンで抽出された極上のエスプレッソを楽しんでください!!

2013年9月21日
日々のこと

月に2回発行のメールマガジンをはじめて3ヶ月弱。

美味しいコーヒーができるまでの過程や買い付けの裏話を知ってもらって、もっとコーヒーを身近に、さらに美味しく楽しんでいただこうと思ってはじめたメールマガジン。

嬉しいことに回を重ねるごとに続々と新しい登録があります。

ブログでもこうやってバックナンバーを不定期に紹介していこうと思っていますが、月二回の発行時にすぐに読みたい方は是非メルマガ登録されてくださいね!

パソコンのメールアドレスはもちろん、携帯のアドレスでも登録可能です。

登録はこちらの緑色のバナーをクリックするとできますが、もし登録希望で解らない方がいらっしゃいましたらご一報いただければこちらで登録できますのでお気軽にお問い合わせくださいね。


もちろん店頭で「メルマガ登録したい!」とおっしゃっていただいてもけっこうです。

今日は第一号のバックナンバーを紹介いたします。

**************************

カリオモンズのコーヒージャーニー
~美味しいコーヒーのホントのところ~
■■ 第1号 【フルーツ入りのコーヒー?】

伊藤です。
HPをご覧になられた方はお気づきかもしれませんが、メールマガジンの発行をはじめました!
(といっても今回が1回目の発行なのですが、、、)

このメールマガジンでは僕自身が見てきたコーヒー産地の話や、コーヒーにまつわるエピソード、役立つ情報などを配信していきます。

それではさっそく今回のテーマ
【フルーツ入りのコーヒー?】
について。

コーヒーとフルーツ。
一見全く別もののように思えますが、実はいろんな共通点があるんです。

例えば「木の実であること」
普通、フルーツは木になりますよね?
コーヒーも同じく木になります。
大きさはビー玉くらいで熟すと真っ赤になることから、コーヒーの実は一般的に「コーヒーチェリー」と呼ばれます。
これだけでなんだかフルーツっぽいでしょ?

違う部分はコーヒーは種を使うということ。
コーヒーチェリーから中の種子を取り出して乾燥させた後、種子の中身の胚乳を取り出したもの。
これがコーヒー豆です。

これを焙煎(加熱)すると良い香りのコーヒー豆が出来上がります。

コーヒーチェリーというフルーツから取り出したコーヒー豆には、当然フルーツの味がしっかりと残っています。

オレンジ、レモン、マンゴー、ピーチ、メロン、、、
実際にこの味そのものがあるわけではありませんが、成分のバランスからこのようにフルーツを思わせる風味を感じることができるのです。

多くの場合は深く焙煎することによってその風味は抜けてしまうのですが、浅く焙煎を仕上げるとより明確にフルーツの風味を楽しむことができます。

これが今回のタイトルの理由です。

やっぱりコーヒーも農作物。
ずっと同じ味になんてなりえません。
果物やワインのようにその年その年の仕上がりの違いを楽しむのも、とっても素敵な楽しみ方だと思いませんか?

オーナー 伊藤ヒロユキ
(一番下に編集後記あり)
***********************
【お知らせ】
カリオモンズでは今年もお中元の受付をはじめました!
ご注文毎にご注文者さまにもドリップバッグプレゼント中!
受付期間:8月17日まで

通販でのご注文はこちらから↓
http://shop.kariomons.com/?mode=cate&cbid=796351&csid=0
***********************

=======================
メールマガジン「カリオモンズのコーヒージャーニー」

カリオモンズコーヒーのオーナー伊藤が、コーヒー産地の様子や出会った人々、遭遇した出来事を様々な裏話と合わせて配信します。
お店のことやネットショップのお得な情報なども配信中!

ご意見、ご感想、お問い合わせ、何でもどうぞ!
⇒ http://www.kariomons.com/inquiry

■ホームページ: http://www.kariomons.com/
■ブログ: http://www.kariomons.com/blog
■通販ページ: http://shop.kariomons.com/

※配信解除、アドレスの変更・再登録はこちらからお願いします
⇒ https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01103486
=======================

【編集後記】
コーヒー豆を取り出した後の果肉の部分。
これ、食べると甘くて美味しいんです。
現地では食用としては使用せず、コンポストして堆肥化してしまうんですけどね!

2013年9月13日
お知らせ


ファンのみなさまお待たせいたしました。

今年のサン・ホセ農園のコーヒー豆を販売開始いたします!

もっと早くにご紹介できるかと思っていましたが、今年の豆は昨年の豆に比べてやや柔らかい印象があったため、適切な焙煎レベルを判断するために少しお時間を頂戴しました。

店頭、ネットショップともに販売を開始しております。

エウドロさんの作りだす上品で独特な甘さのコーヒーを今年もご堪能ください!

今年のサンホセも良い仕上がりですよ?!

通販でのご購入はこちらから↓
http://shop.kariomons.com/?pid=63586477

2013年9月10日
日々のこと


カリオモンズのロゴ入りマグが再入荷しました!

今回の新色は水色とクリア(透明)。

このマグカップ。
ろくろを回して作るのではなく、棒状に延ばした土をグルグルと巻いて作られています。
(ヘビがとぐろを巻くイメージですね)

とっっても手のかかる製法ですが、溝やつなぎ目など同じ模様は二つと出ない、言葉通り世界に一つだけのカップに仕上がります。

面倒な注文をいつも快諾してくれるゆとり炉さんに本当に感謝です。

ひとつ2500円で人気の色はすぐ売れてしまうので、お早めにゲットしてくださいね?!

2013年9月8日
コーヒーのこと

今年の春に行ったアメリカのコーヒーショップでよく見かけたこのチョコレート。

MAST BROTHERSというニューヨーク発のチョコレートです。

ちなみにマスト兄弟が作っているからマストブラザーズ。
アメリカ国内では一枚8?10ドルほどで販売されていました。

彼らの特徴はチョコレートの原料のカカオの買い付けから製造、包装、そして販売までを自分たちで行っていることです。
ですので上の画像のように、パッケージにはマダガスカルやベネズエラ、ドミニカなどカカオの産地の名前が記載されています。

このチョコレートが美味しいこと!!

みなさんそうなのでしょうが、僕はチョコレートは甘い、もしくは苦いと思っていました。

しかし本来のカカオの風味がしっかりと残されたこのチョコレートは、口に入れたとたんにオレンジのような柑橘系の明るい酸味がパーンと口の中に広がり、追いかけるように上品な甘さが盛り上がってきます。
一口の中にたくさんのストーリーを感じることができ、食べていてとても楽しいチョコレートなんです。

カカオもコーヒーも生活水準の低い途上国で生産されることがほとんどです。
農家さんたちの生活水準の低さもまた、カカオやコーヒーの市場価格の低さに起因する部分がとても大きいと思います。

ただし、農家である彼らに頼らなければ美味しいチョコレートもコーヒーも楽しめないのも事実。

そこで市場価格は適用せず、労働や品質に見合った適正な価格で継続的に購入して、農家側はそのお金でよりよい設備を導入したり労働者たちの賃金を上げるなどで仕事に対するモチベーションを上げ、結果的にもっと美味しい高品質なカカオやコーヒーの生産が可能になっていく。私たちは今よりももっと美味しいチョコレートやコーヒーを楽しむことができる。双方にとって利益のある良い関係性を結ぶ取り組みが様々なジャンルで進んでいます。

残念ながらこのチョコレート、日本ではDEAN & DELUCAのみで取り扱いがあるようで長崎では滅多に手に入るものではないと思いますが、機会があれば是非みなさんに一度味わっていただきたいと思っています。

きっと僕と同じような素晴らしい体験ができると思いますよ!

マストブラザーズの取り組みについてはこちらの動画をご覧ください。
僕らが通っているコーヒー生産地もまさしくこんな感じです!

THE SOURCE from MAST BROTHERS CHOCOLATE on Vimeo.

1 2