2019年3月12日
産地のこと

 

ラ・エスペランサのサミュエルさんを訪ねました。

 

お父さんのサラティエルさんが亡くなられて丸一年、すっかり農園主の顔つきへと変化していたサミュエルさん。
農園を一緒に歩きながらこの一年を振り返り、これからの農園運営や彼自身のビジョンを聞きました。

 

彼は大学時代は農学を専攻してきたこともあり元々その方面に詳しかったのですが、その奢りからか数年前に日陰を確保するシェードツリーを減らし生産量をあげる対策をとりました。
確かに生産量はあがりましたが品質は良くならず、その体験を経て今はまた日陰を確保するための木を植え始めています。

 

自身の奢りを素直に認め、少しずつそれを元に戻してお父様の意思とともに引き継ごうとするサミュエルさんの姿を見ながら、きっと彼は素晴らしい農家になるんだろうなと確信が持てました。

 

家に戻ってからは日本から持ってきていた彼のコーヒー豆と器具でコーヒータイム。なんと彼自身がドリップを申し出てくれました。

 

ニカラグアで彼が作ったコーヒー豆を、日本で私たちが焙煎し、それをニカラグアで彼が抽出する。

 

これ以上のコーヒーがあるでしょうか。

 

「こんなに美味しいカトゥーラ種のコーヒーを初めて飲んだ!」
と自身のコーヒーに驚く彼の横で、私たち自身も忘れることのできない一杯を味わうことができました。

 

 

 

 

2019年3月10日
産地のこと

 

ニカラグアに移動してきました。
さっそくルイスさんの農園『ロ・プロメティード』を訪問。
カリオモンズでは言わずと知れた人気農園なのでご存知の方も多いですね。

 

標高が高く、すり鉢状の土地の形状から風の流れがとても特徴的で、そういった条件も考慮しながら農園運営をされています。

 

ここで収穫されたチェリーはほぼ全てナチュラルプロセスにて処理をされますが、特徴的なのは収穫したチェリーを休ませる行程があること。
気温が低いことを利用して農園内のアフリカンベッドでチェリーを数日間休ませることで、バクテリアの活動を抑えながら成分変化を促し、その後本格的な乾燥行程へと移行します。

 

今は息子さんが積極的に通いながらマネージメントを行なっているそうで、息子さんの意思が反映された農園管理をひとつひとつうなずきながら入念にチェックしている姿が印象的でした。
自然も人も、少しずつ変化しながら引き継がれていくのですね。

 

収穫量も品質も良いそうで、後日のカッピングがとても楽しみです!

 

 

 

2019年3月9日
産地のこと

 

エルサルバドル滞在も終盤。
毎年お世話になっているクツカチャパ組合にて買い付けるコーヒー豆のカッピングをさせていただきました。

 

ここでカッピングして決めたコーヒー豆がカリオモンズのお客さまのもとに届くわけですので、産地訪問の中でも最も神経と集中力を要する時間でもあります。
エル・ミラドールやエル・タンボール、ラス・ラデラスといった店頭でもお馴染みのコーヒー豆はもちろん、たくさんのカップが並んでいて、それぞれを適正に評価し産地のカッパーたちと意見交換をおこないます。

 

ズレが生じた場合はやりなおしながらお互いの意見をすり合わせることになりますが、その時間こそがカッピングにとって最も大切な時間。
ただの自己評価で終わらせていては先入観や好みで必ずズレますので、それを常に補正しつづけることが本質的なカッピングの意味へとつながります。

 

カリオモンズで取引しているコーヒー豆は今年もかなり良い出来!こうやって毎年素晴らしいコーヒーを私たちのために用意してくれることに感謝です。
日本への到着をお楽しみに!

 

 

 

2019年3月8日
産地のこと

 

今日はちょうど今店頭で販売しているエル・タンボールを訪問しました。

 

エル・ミラドールがあるサンタアナ火山の反対側の斜面に位置しており、ここ2年ほど訪問できていませんでしたので久しぶりの訪問となりました。

標高は1600mありますがすでに収穫は終了し農園内には来年の果実になる花が咲きはじめていました。
コーヒーの花は数日間しか開花期間がなく、すぐにしぼんでしまうため咲いた状態で見ることはそう多くありません。
スタッフの中村もここぞとばかりにジャスミンに似た華やかな香りをしっかりと覚えていました。

 

情報ではなく体験として吸収することは、伝える仕事をおこなう私たちにとって最も重要な過程です。
インターネットで多くの情報が手に入るようになりましたが情報はあくまで情報、華やかな香りに驚くスタッフを見ていると学びは体験することのただ一つだということを実感します。

 

 

 

2019年3月7日
産地のこと

 

エルサルバドル初日はフェルナンドさんと農園視察。
カリオモンズコーヒーで取り扱いのあるエル・ミラドールやラス・ラデラスの他彼が所有するいくつかの農園を訪問しました。

 

農園では収穫の最終段階を迎え、今月末までに全ての収穫を終えるとのこと。
どの農園も木のコンディションがとても良く、収穫が終わった木からはすでに来年のコーヒーになる花のつぼみがたくさんスタンバイしていました。

 

3枚目の写真は完熟したチェリーと未熟のチェリー。これらを一粒ひとつぶ選りわけながら収穫をやるわけですからその大変さは想像でも伝わりますね!
ちなみに一杯のコーヒーにはおよそ50粒のコーヒー豆が必要になります。
完熟したチェリーから取り出したコーヒー豆は私たちの元へ、未熟のチェリーから取り出したものはインスタントや加工品用に出荷されています。

 

引き続きエルサルバドルに滞在中です。

 

 

 

1 2

月別アーカイブ