エルサルバドルでのオフ
2017年4月3日
産地のこと

「日本で写真撮るときはこうでしょ!」と言われて思わずピースのイトウです。

 

今回のエルサルバドルではコーヒーの仕事ももちろんなのですが、フェルナンドさん夫婦のご好意でエルサルバドルという国について学ぶ機会に恵まれました。

歴史博物館に行ったり教会を訪問したりマヤの遺跡を散策したり。

この国にコーヒーがいつやってきてどのように広がり人々の生活に影響を与えていったのか、マヤ文明の頃から人々の中に流れ続ける思想、祈りに救いを求める信仰の深さ、たくさんのことを体験し学ぶことができました。

 

お互いの文化や背景についての知識を深めることが、コーヒーを売り買いする関係性からさらに深い関係性を築くことを実感した今回の訪問。ニカラグア同様に実りの多い旅になっています。

 

もちろんコーヒーの仕事もしていますのでそちらはまた後ほどアップします。


The following two tabs change content below.
kariomons

kariomons

『すべてのコーヒーが持つ物語』を伝えたい。 カリオモンズコーヒーで取り扱うコーヒー豆のほとんどは、生産国のコーヒー農家から直接買い付けてきたコーヒー豆です。毎年自分たちで生産国のコーヒー農園を訪ね、情熱ある素晴らしい生産者たちから継続的にコーヒー豆を買い付けています。 生産者から消費者まで、私たちが取り扱うコーヒー豆に関わっているすべての人が豊かであるように、その背景までを伝え繋いでいくことが私たちの使命です。