サラティエルさんのもとへ
2018年4月10日
産地のこと

 

ニカラグア最終日、朝からサミュエルさんが迎えに来てくれ、ラ・エスペランサ農園と彼がお父さんから最初に引き継いだカンバラチェ農園を訪問してきました。

 

カンバラチェ農園はラ・エスペランサ農園の上にあるのですが、車が最後まで行けませんので途中からは徒歩で目指すことになります。

険しい山道を登るだけでもきついのですが、農家さんたちはこれを収穫したコーヒーの実が入った袋を担いで歩くわけですからそのたいへんさは容易に想像できますね。頭が上がりません。

農園の奥まで案内してもらい、現状やこれからのビジョンなどを説明していただきました。

 

最後にはどうしても行きたかったサラティエルさんのお墓へ。周りからは親しみを込めてTio Sala(サラティエルおじさん)と呼ばれていたサラティエルさん。名前の下にEl Tioとも刻んでありました。

当時のことをいろいろと話してくれたサミュエルさんと、また来年もここに来ようと話をして後にしました。

 

 

 

 


The following two tabs change content below.
kariomons

kariomons

『すべてのコーヒーが持つ物語』を伝えたい。 カリオモンズコーヒーで取り扱うコーヒー豆のほとんどは、生産国のコーヒー農家から直接買い付けてきたコーヒー豆です。毎年自分たちで生産国のコーヒー農園を訪ね、情熱ある素晴らしい生産者たちから継続的にコーヒー豆を買い付けています。 生産者から消費者まで、私たちが取り扱うコーヒー豆に関わっているすべての人が豊かであるように、その背景までを伝え繋いでいくことが私たちの使命です。
月別アーカイブ