その土地を知るということ
2018年4月25日
産地のこと

 

エルサルバドル最終日、フェルナンドさんの奥様マグダレナさんとその友人と一緒にエルサルバドルの街を見てまわりました。

 

エルサルバドルの政治に大きな影響を与えたナショナルパレス、この国の宗教歴史に欠かせないオスカル・ロメロ大司教が眠る大聖堂、そしてまわりに広がるダウンタウン。

アートミュージアムなどこの国に関する場所をいろいろ案内していただき、最後は映画プロデューサーでもあるマグダレナさんのご友人の映画をフェルナンドさんの自宅で鑑賞会。

 

コーヒーとは直接関係ないように思えますが、これまでコーヒー農園の訪問とカッピングしかしてこなかった僕にとってそれぞれの国を知ることが今とても重要に感じ、昨年から少しずつこういった時間を生産国でつくるようにしています。

 

偶然かもしれませんが、今回ニカラグアのコーヒー農家さんからも同じようなことを言われました。「もっとこの国のことを紹介する時間がほしい」と。

僕らをつなぐのはコーヒーかもしれませんが、もっと深く強いつながりで関係性を保っていくことは、本当の意味でのコーヒー農家と消費者との架け橋になりうるのかもしれません。

 

 

 

 

 

 


The following two tabs change content below.
kariomons

kariomons

『すべてのコーヒーが持つ物語』を伝えたい。 カリオモンズコーヒーで取り扱うコーヒー豆のほとんどは、生産国のコーヒー農家から直接買い付けてきたコーヒー豆です。毎年自分たちで生産国のコーヒー農園を訪ね、情熱ある素晴らしい生産者たちから継続的にコーヒー豆を買い付けています。 生産者から消費者まで、私たちが取り扱うコーヒー豆に関わっているすべての人が豊かであるように、その背景までを伝え繋いでいくことが私たちの使命です。
月別アーカイブ