オークション開始!
2019年2月24日
産地のこと

 

イベント最終日。いよいよオークション開催です!

 

はじめにこのオークションに出品しているコーヒー農家たちと私たち入札者とでお互いに自己紹介をおこない、その後は入札者のみがカッピングルームに入り約1時間のオークション。各コーヒーどんどんと入札が入り、今回の最高額は1ポンドあたり54ドル(1キロあたり約13000円)での落札となりました。

 

カリオモンズコーヒーではいくつかの候補の中から、台湾の焙煎やブリューワーズなどのチャンピオンLuluさんとの共同入札で1ロットを落札。空輸での輸入となりますので、春には日本に到着するかと思います。

 

いくつかの農家さんとお話をしましたが、どの農家もそれぞれに熱い想いがあり、味や情報では到底計れない美味しさがそこにはあるのだと改めて感じました。
ひとつひとつのコーヒーには作り手がいて、その事実は店頭で販売するときのセールストークに留めては到底いけないものです。

 

一杯のコーヒーを通じてどこまで飲み手と作り手との距離感を縮めることができるか、それは、ひいては関わる全ての人が美味しいコーヒーを生み出す共同体となることを指しています。

 

私たちもそのわずかな一部としてお客さまに何を感じてもらえるか。ロースターやバリスタのレベルの違いはそこにでるのだと再認識しました。

 

世界中から集まったバイヤーたちとのそれぞれの国のコーヒートークもとても興味深く、収穫の多いブラジル滞在となりました。

 

 

 


The following two tabs change content below.
kariomons

kariomons

『すべてのコーヒーが持つ物語』を伝えたい。 カリオモンズコーヒーで取り扱うコーヒー豆のほとんどは、生産国のコーヒー農家から直接買い付けてきたコーヒー豆です。毎年自分たちで生産国のコーヒー農園を訪ね、情熱ある素晴らしい生産者たちから継続的にコーヒー豆を買い付けています。 生産者から消費者まで、私たちが取り扱うコーヒー豆に関わっているすべての人が豊かであるように、その背景までを伝え繋いでいくことが私たちの使命です。
月別アーカイブ