フェルナンドさんと農園訪問
2019年3月7日
産地のこと

 

エルサルバドル初日はフェルナンドさんと農園視察。
カリオモンズコーヒーで取り扱いのあるエル・ミラドールやラス・ラデラスの他彼が所有するいくつかの農園を訪問しました。

 

農園では収穫の最終段階を迎え、今月末までに全ての収穫を終えるとのこと。
どの農園も木のコンディションがとても良く、収穫が終わった木からはすでに来年のコーヒーになる花のつぼみがたくさんスタンバイしていました。

 

3枚目の写真は完熟したチェリーと未熟のチェリー。これらを一粒ひとつぶ選りわけながら収穫をやるわけですからその大変さは想像でも伝わりますね!
ちなみに一杯のコーヒーにはおよそ50粒のコーヒー豆が必要になります。
完熟したチェリーから取り出したコーヒー豆は私たちの元へ、未熟のチェリーから取り出したものはインスタントや加工品用に出荷されています。

 

引き続きエルサルバドルに滞在中です。

 

 

 


The following two tabs change content below.
kariomons

kariomons

『すべてのコーヒーが持つ物語』を伝えたい。 カリオモンズコーヒーで取り扱うコーヒー豆のほとんどは、生産国のコーヒー農家から直接買い付けてきたコーヒー豆です。毎年自分たちで生産国のコーヒー農園を訪ね、情熱ある素晴らしい生産者たちから継続的にコーヒー豆を買い付けています。 生産者から消費者まで、私たちが取り扱うコーヒー豆に関わっているすべての人が豊かであるように、その背景までを伝え繋いでいくことが私たちの使命です。
月別アーカイブ