ルイスくんの成長ぶり
2019年3月19日
産地のこと

 

店頭でもとても人気のあったレセパのルイス君を訪問してきました。

 

相変わらずの素晴らしいロケーション。
1枚目の写真の奥に映るヨホア湖は見えていますが標高は1000mほど下にあります。
ここから発生する霧がこの地域に複雑な天候を与え、その中で育つコーヒーの木に適度なストレスを与えながらより品質の高いコーヒー豆を育みます。

 

これからもっとも品質の上がるシーズンを迎えるルイス君の農園。この日は収穫はありませんでしたのでその分農園管理や彼自身のことについてしっかりと話を聞くことができました。

 

3枚目の写真は新しい取り組み。コーヒー豆を取り出した後の果肉、鶏糞、豆から剥がしたムシラージ(粘膜質)を合わせ、ミミズの力を利用して有機肥料を作っています。

処理に使用した水も何層にもろ過を施し、きれいな水に戻してから川に流すことで水質の変化も防いでいます。そのときに分離させたムシラージを肥料に使用しているのですね。

 

イトー!と呼びながらコーヒー木に隠れてみたり、まだまだお茶目なルイス君。
どんどん良い農家への階段をのぼっています。

 

 

 

 


The following two tabs change content below.
kariomons

kariomons

『すべてのコーヒーが持つ物語』を伝えたい。 カリオモンズコーヒーで取り扱うコーヒー豆のほとんどは、生産国のコーヒー農家から直接買い付けてきたコーヒー豆です。毎年自分たちで生産国のコーヒー農園を訪ね、情熱ある素晴らしい生産者たちから継続的にコーヒー豆を買い付けています。 生産者から消費者まで、私たちが取り扱うコーヒー豆に関わっているすべての人が豊かであるように、その背景までを伝え繋いでいくことが私たちの使命です。
月別アーカイブ