【STORY】農園名のその先
2019年9月9日
産地のこと

 

エル・タンボールが作られている中米エルサルバドル。

 

サンタアナ火山の中腹にあるラス・ヌベスという農園の中で最も標高が高い部分、エルタンボールエリアで収穫されたものです。

 

近年、コーヒー産地でなく農園の名前で流通するコーヒー豆も多いですが、それ以外にもロットの名前、作り手の名前、品種の名前、そしてエルタンボールのように区画の名前など、どんどんその細分化は進んでいます。

 

これまであったような、国ごとの風味の指標には留まらなくなっているコーヒーの世界。
ぜひ、店頭のスタッフにそのエピソードも聞きながら一緒にコーヒーを選んでみてくださいね。

 

エル・タンボール2017のご購入はこちらから↓
http://shop.kariomons.com/?pid=71382764

 

 


The following two tabs change content below.
kariomons

kariomons

『すべてのコーヒーが持つ物語』を伝えたい。 カリオモンズコーヒーで取り扱うコーヒー豆のほとんどは、生産国のコーヒー農家から直接買い付けてきたコーヒー豆です。毎年自分たちで生産国のコーヒー農園を訪ね、情熱ある素晴らしい生産者たちから継続的にコーヒー豆を買い付けています。 生産者から消費者まで、私たちが取り扱うコーヒー豆に関わっているすべての人が豊かであるように、その背景までを伝え繋いでいくことが私たちの使命です。
月別アーカイブ