おいしいコーヒーのつくりかた

【フレンチプレス編】

【ペーパードリップ編】

【フレンチプレス編】
☆用意するもの☆
・フレンチプレス
・新鮮なコーヒー豆
・お湯
・タイマー(4分にセットしておきます)
・お気に入りのコーヒーカップ

【1】
howtomake-pic1お湯を湧かします。
コーヒー豆は少し荒めに挽きましょう。

howtomake-pic2【2】
プレスに豆を入れ、お湯を注ぎます。
プレスを少し傾けて、ビーカをつたうように優しくお湯を注ぐとよいでしょう。

howtomake-pic3【3】
分量のお湯が入ったら4分にセットしたタイマーをスタート。
1分後に軽く撹拌すると味がより抽出されやすくなります。

howtomake-pic4【4】
タイマーが鳴ったら、ゆっくりとプレスします。
強すぎると粉が舞い上がってきますので、ゆっくりと押し下げてください。

howtomake-pic5【5】
お気に入りのカップに注ぎます。
美味しいプレスコーヒーのできあがりです。

【フレンチプレスのポイント】
・プレスコーヒーの味はコーヒー豆の品質で決まるので、新鮮で良い豆を使いましょう。
・プレスの底にはコーヒーの粉が溜まります。
 カップに注ぐ時はブランジャーより少し上で止めてください。
・5分以上おくと過抽出となりますので、一回で注ぎ切ってください。
・カップの底にも若干の微粉が溜まります。
 気になる方は少しだけ残してください。


【ペーパードリップ編】
☆用意するもの☆
・ドリッパー
・ペーパーフィルター(ドリッパーの形に合わせてください)
・新鮮なコーヒー豆
・お湯
・お気に入りのコーヒーカップ

howtomake-pic1【1】
お湯を沸かします。
コーヒー豆は中挽きに挽きましょう。

howtomake-pic6【2】
ドリッパーにフィルターをセットして粉を入れます。
フィルターの匂いが気になるときは、一度お湯をかけてから粉を入れます。

howtomake-pic7【3】
粉の中心に指で少しだけくぼみをつけ、くぼみにポタポタとお湯を垂らします。
底からお湯が出てきたら、膨らみが落ち着くまで蒸らします。

howtomake-pic8【4】
蒸らしの後、最初のようにポタポタとお湯を垂らすと、膨らみの中に溜まっていたガスが出てきます。
ガスがしっかりと抜けてから注ぐお湯の量を増やし、注ぐ量と落ちる量が同じになるように意識しながら500円玉ほどの大きさに回しながらドリップします。

howtomake-pic9【5】
終わる時は必ずドリッパーにお湯が残っている状態でドリッパーを外してください。
最後まで落としきるとエグミが入ってしまいます。

【ペーパードリップのポイント】
・ドリップする時のお湯の温度は沸騰してから少しおいたものを使いましょう。
・お湯を注ぐ時は絶対にフィルターに直接注がないように注意しましょう。
・ドリップは一度に入れる杯数が多いほど一杯当たりに使用する豆の量は少なくなります。
 1杯なら15g、2杯なら25g、5杯なら50g、と段階的に少なくしてください。