イトログ_013
2017年1月2日
イトログ

『2016年の終わりに思うこと』

 

今年が始まるとき、とある友人の勧めで、《あっという間》という言葉を使わない一年にしようと心に決めていた。

物事を消化的に過ごしたとき、その終わりに《あっという間》という言葉が口をついて出てくるのだと教わった。

 

その気持ちを胸に2016年を過ごしてみて、やっぱり僕には《あっという間》という言葉がお似合いなのだと感じている。

どんなに密度の高い充実した日々を過ごしても、どんなに一つ一つの小さな物事に強く集中しても、やっぱり僕にはあっという間に感じられてしまうようだ。

 

そんなあっという間の2016年でも、とりわけ大きなイベントだったのが【カリオモンズコーヒー大村のオープン】だろう。

 

これまでひとつだった仕事場がふたつになり、ひとつ屋根の下で働いていたチームが別々の場所で働くことになった。

この別々の場所で、、というのがこれまで僕が店舗を増やさなかった理由で、お店というものはブランドでも味でもなく、人で動いているということを強く意識しているからこそ、これまで店舗を増やすという選択肢を選んでこなかった。(もちろんブランドも味も大切なのだけれど)

 

けれども幸いなことに人には人一倍恵まれ、立場関係なく信頼し合えるチームが集まったことで、背中を押されるようにカリオモンズコーヒー大村が立ち上がった。

オープンして5ヶ月。徐々に認知度も上がり、長崎と大村との文化や消費の違いにも対応しながら少しずつでも根ざしていけるよう努めている。

それぞれの店舗にも頼もしいリーダーが育ち、『組織』としての歩みも始めている。カリオモンズコーヒーはすでに次のステージにあって、店主だった僕自身もそれに合わせた動きの取り方が必要な時期にきている。

 

 

2017年はどんな一年になるのだろう。

 

たくさんの出来事が僕の身に起こり、また、たくさんの困難が僕を待っている。

それらを乗り越えたとき、ちょうど1年後くらいに《あっという間》という言葉がぽろりと出てくれば、それは素晴らしい一年を過ごした証拠になるのだろう。

 

2016年の一年間で僕はそれを学んだ。

 

来年もまた《あっという間》になるような一年を楽しみたいと思う。

 

※この記事は2016年12月末に書かれた記事です。

 

 


The following two tabs change content below.
いとう ひろゆき

いとう ひろゆき

カリオモンズコーヒーロースター代表。主に毎年のコーヒー産地の訪問、現地での買い付けを担当している。 古いもの、道具好き。カレーは毎日でも食べたい。 美味しいコーヒーの良いところは日々に光を与えてくれるところ。飲む人にも。そして携わる人にも。 コーヒーを通じて日々の暮らしの豊かさを考えていく提案を行っている。
いとう ひろゆき

最新記事 by いとう ひろゆき (全て見る)

月別アーカイブ