エスプレッソの調整
2019年2月6日
日々のこと

 

長崎では昨日からランタンフェスティバルが始まりました。
カリオモンズコーヒーがある時津町はあまり変化はありませんが、それでも旧正月のお祝いということでなんだか気持ちが晴れ晴れしくなります。

 

店舗で毎朝行われるエスプレッソの調整。
コーヒーの味は使用するコーヒー豆や状態はもちろん、その日の天気や気温・湿度でも変化しますので、それに合わせた調整が必要となるのです。
1日の中で何度も調整することもあれば、出来上がったエスプレッソに合わせてカプチーノやラテのミルクの量やフォームの硬さを調整することも日常茶飯事。

 

一杯のコーヒーかもしれませんが、産地で頑張る農家を知っている分、それをカップの中に仕上げるバリスタたちにも一層熱が入ります。

 

店頭で飲まれる時にはキッチンで仕事をするバリスタたちを見ながら「美味しい〜」の奥にあるストーリーを感じてもらえたら嬉しいです。

 

 


The following two tabs change content below.
kariomons

kariomons

『すべてのコーヒーが持つ物語』を伝えたい。 カリオモンズコーヒーで取り扱うコーヒー豆のほとんどは、生産国のコーヒー農家から直接買い付けてきたコーヒー豆です。毎年自分たちで生産国のコーヒー農園を訪ね、情熱ある素晴らしい生産者たちから継続的にコーヒー豆を買い付けています。 生産者から消費者まで、私たちが取り扱うコーヒー豆に関わっているすべての人が豊かであるように、その背景までを伝え繋いでいくことが私たちの使命です。
月別アーカイブ